• ホーム
  • 意外と多くの人が早漏に悩まされています

意外と多くの人が早漏に悩まされています

早漏の男性は夜の営みで女性を満足させられないので悩んでいる人が多いです。
早漏の症状に悩む男性は射精までの時間が短いと思いがちですが、実際に早漏とは射精のタイミングを上手くコントロールできずに、射精したいと思うよりも早くいってしまうことを言います。
自分が望むタイミングで射精ができなければ早漏の可能性は高くなりますが、なかなか自分の望むタイミングで射精することは難しいので、意外と多くの人が早漏で悩んでいると言っていいでしょう。
人によって早漏だと思う時間は違いますが、一般的には射精がいつも膣内挿入前か挿入後一分以内に起きることを言います。
一分以上持つ人でも射精をコントロールできなければ早漏の可能性もあるので気をつけなければいけません。
他にもセックスがすごく苦痛だったり、セックスのことで悩みを抱えている人、セックスを避けたがるなどの消極的な行動をする人も早漏と呼ばれることもあります。
女性はセックスの時にどのくらいの時間を希望しているかというと平均が15分前後です。
しかし人によっては3分がいいという人もいれば、30分がいいという人もいるので、人によってセックスの時間が異なると言えるでしょう。
一般的には女性は3分以内だと早漏だと判断する傾向が強いです。
男性に付き合っている女性がいる場合、女性を満足させたいなら、早漏を改善した方が関係が長続きします。
理解のある女性ならば、一緒に夜にコミュニケーションをとり協力してくれる可能性もありますが、男性としては女性に手伝ってもらうとかなり恥ずかしいので、自ら改善するように努力をすることが大事です。
最近は射精するまで時間がかかりすぎる遅漏で悩んでいる男性も増えてきました。
遅漏の場合は射精ができないので赤ちゃんを作りたいカップルにとっては問題です。
一人でマスターベーションをしている時は大丈夫ですが、セックスになると射精ができない人もいます。
遅漏はマスターベーションの仕方が原因になることが多いので、日ごろから刺激の強いマスターベーションは控えることが大事です。

女性目線では遅漏より早漏のほうが良い?

早漏といえば、男性としてはとても恥ずかしいものの代表といってもいいくらいのものですし、相手の男性が早漏と知った瞬間、女性は全員が嫌悪感を示すものだと男性自身からすると思っています。
しかし、それはあくまでも男性が勝手に女性のことをそうだろうと想像しているだけなので、実際はどうなのかは女性の意見を聞かないと判断できません。
実際に女性は早漏の男性のことをどう思っているのかを調べていくと、どうも男性側が勝手に想像しているものとは若干違ってきていることが分かります。
確かに早漏は射精までの時間があっという間なので、満足は出来ないという女性の意見が多いのは事実です。
しかしながら、男性側が想像しているような頭から否定するような意見はあまり見られません。
どちらかといえば遅漏の男性の方が女性目線からすると嫌われる傾向にあります。
遅漏の男性は射精まで時間がかかるので、夜のセックスによって毎回のように疲れることに対してとても嫌悪感をします女性がとても多いです。
一方、早漏の場合は男性が射精してくれればセックスがそこで終わるので女性側は満足はしませんが疲れを感じることはありません。
中にはむしろ早く射精することを自分で興奮してくれるのが分かるから嬉しいという意見を言う人も居るほどです。
そして多くの女性が射精が短くてもコミュニケーションをとりながら愛情のあるセックスをしてくれれば精神的に満たされるので早漏の人とセックスをしても満足できるという意見でした。
女性目線での意見を見ていくと早漏はそれほど悪いイメージを持たれていないことが分かります。
本番で早いのであれば愛情をかけ、時間をかけて愛撫をすればいいのです。
あまり早漏を気にすると症状が悪化しかねないので必要以上に気にしないようにしてください。

関連記事